MENU

クラリチンの効果とは?アレルギーに高い効果が期待!

まずは、「クラリチン」というものがどんな薬でどんな効果があるのかについて解説したいと思います。

クラリチンって一体どんな薬?

クラリチン錠は、「ロラタジン」と呼ばれる成分が配合されている薬剤です。
クラリチン錠に使用されるロラタジンは、口の中で溶ける「水なしでも溶けるタイプ」の錠剤も製品化されております。
水なしでも溶けるタイプの場合は、唾液のみで服用できるので場所を選ばず、服用できるのが大きな利点です。
このタイプのクラリチンは、必ず全部飲み込むことが大事なので、水などの飲み物と一緒に服用しても問題ありません。
クラリチン錠は、アレルギーによる症状を抑える効果があります。アレルギーの原因であるヒスタミンという物質をブロックする「抗ヒスタミン薬」の中でも、最も効果の高い成分として注目されています。また、効果が同等のジェネリック医薬品が発売され、薬価が下がり薬代が安くすむようになりました。

 

ジェネリッククラリチンについて

ジェネリッククラリチンとは、通常のクラリチンと同等の効果で、薬価が安くなった薬剤のことです。
通常のクラリチンは1箱20錠で約1500円なのに対し、ジェネリックは1箱100錠で約2100円とお求めやすくなっています。
通常のクラリチンと同等の効果になるのでこちらんもロラタジンと呼ばれる成分が配合されており、アレルギーによる症状を抑える効果があります。

 

クラリチンの効果と持続時間

クラリチンの効果として具体的には、アレルギー性鼻炎、じん麻疹、アレルギー性皮膚疾患、花粉症、皮膚掻痒症などの症状を抑えるのに効果があります。
また、クラリチンは、持続時間も長いので、1日1回の服用でいいのも利点の1つです。
クラリチン錠の効果が表れるまでには数日かかるので花粉症の予防には、花粉が飛散する前に服用を開始することが重要です。特に、アレルギーによるくしゃみや鼻水に効果が高く、鼻づまりにもそこそこに効果があります。アトピー性皮膚炎に対しては、かゆみの軽減効果を期待して処方されます。


クラリチンの副作用とは

次にクラリチンを服用する際の注意すべき点と副作用について解説していきたいと思います。

クラリチンを服用する際の注意点

クラリチン錠の成分である「ロラタジン」は抗ヒスタミン薬として、最も効果の高い成分として注目されていますが、長期的に服用をする場合は特に副作用症状に注意を払う必要があります。
また、薬の飲み合わせによって、人体に危険をもたらす成分も存在するため注意が必要です。
特に併用を避けるべき成分としては、「エリスロマイシン」、「シメチジン」などがあげられます。
これらの成分は、「クラリチンの血中濃度」を上昇させる働きがあり、危険性が高い事が確認されているためです。
成分を聞いてもわからない場合が多いと思いますが、その場合薬を処方してもらうときに、現在飲んでいる薬も持参して、一緒に服用しても問題がないかどうか、お医者さんのに確認をとりましょう。

 

クラリチンの副作用について

クラリチンの主な副作用として、吐き気、嘔吐、眠気、頭痛、肝機能低下などがあげられます。クラリチンは、医師に処方された容量をきちんと守り、短期間の服用であれば重度の副作用を起こす事はほとんどありません。しかし、服用開始から2〜3か月程度の間は、副作用症状を発症しやすい傾向にあります。
症状の現れ方や強さには個人差があり、もちろん症状が全く現れないケースもあります。
これらの副作用の症状が現れた場合は、服用を中止して、すみやかに医師の診察を仰ぐ事が重要です。
また、肝機能障害を持った人の服用は、症状を悪化させる可能性があるので、細心の注意が必要です。必ずお医者さんに申告し、指示を仰ぎましょう。